【ぶれい考】ジャスト・フォー・ユー・エデュケーション/谷川 和生

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 グローバル人材の育成をはじめ企業内教育への要請は大きい。それぞれの企業の持つ経営理念を体得した社員が、それをベースに様ざまなスキルを身に付け、持続的成長実現に向けて活躍してもらうことが、間違いのない人事施策として大方の支持を得ているためである。

 こうした企業内教育については、仕事を通じてのオン・ザ・ジョブ・トレーニング、実際の業務から距離を置いてのオフ・ザ・ジョブ・トレーニングという手法の違いはあっても、企業のサイドからみて該当する社員の活躍を期待した、業務遂行のために役立つスキルの付与が中心である。具体的には、…

筆者:㈱東芝顧問 谷川 和生

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月13日第2884号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ