【想いはせれば】第106回 「魔の時間午前4時」

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶あのころ(昭和30年代)、工場では午前4時前後は魔の時間でした。生産設備の運転事故や労災事故は、この時間帯の発生割合が飛び抜けて多くなっていました(当時は5日間ごとにシフトが替わる3班3交替)。

 冬の3直の4日目の朝、隣の職場から「手を貸して」と、トラブル処理の要請がありました。作業者がバルブ操作を間違えて、硬化油脂約4トンが流出し、側溝から下流のスキマーまで、50mにわたって硬化油脂が白く固まって溝を埋めていました。バケツや5ガロン缶を総動員して懸命に回収に当たり、2時間ほどで加熱槽への回収作業が終わり、無事に次の直に引き継ぎがなされました。

▶バルブ操作を間違えて油を流出させた当人は30代半ばのベテランで、…

筆者:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ