【社労士が教える労災認定の境界線】第291回 社内更衣室で同僚に顔面を殴られ負傷

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 製造業を営むA社で働くXが、作業着に着替えるため社内更衣室に入ったところ、そこへ居合わせた同僚Yに顔面を殴打され、頸椎捻挫などのケガを負ったもの。

判断

 YがXに暴行を加えるまでの一連の経緯から、Yの暴行はXの自招行為を発端とするものであると判断されたため、業務外の負傷と認定された。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 宮城会
FP&SR オフィスONE代表 中島 文之
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ