【登壇労組リーダー】健全な労使関係は相互信頼から/小田 基信

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 アコムユニオンが平成15年10月25日に結成されてから9年が経過。去る10月20日に第10回定期大会を開催し、中央執行委員長を拝命したところである。

 結成当初は経営側の不当な行為が目立ち、労使関係は決して良くなかったが、同17年1月に「団体交渉のルール」を締結、同年8月には「労働協約」を締結するなど急速に労使関係が改善し、今も良好な関係を保っている。

 同18年には係長級の所得を削減する制度変更を阻止し、年収ベースでの所得を確保。…

筆者:アコムユニオン 中央執行委員長 小田 基信

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月19日第2897号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ