【想いはせれば】第104回 塩素ガスの漏えい

2019.04.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶私の年齢(82歳)になると、私が勤めていた工場(化学)の元従業員が次々に物故者になっていきます。OB会報や人づてにその名前を聞くと、私には彼の職場とその職場の作業環境や取り扱い物質を照合する習慣があります。

 例えば彼が70歳で肺ガンで死んだと聞くと、彼の職場の粉じんの状態はどうだったか、どんな環境でどんな作業方法だったかを思い浮かべてしまいます。死因が肝臓の肝硬変やガンだとすると、取り扱っていた溶剤や重金属などとの関係はなかったのだろうかと、つい連想してしまいます。…

筆者:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年4月15日第2328号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ