【社労士が教える労災認定の境界線】第288回 人事異動で赴任先へ向かう途中に転倒

2019.03.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 東京に本社を置くA事業所では、仙台に支店を開設するにあたり、営業課長であったBさんを仙台支店営業部長として人事異動させることになった。

 赴任先の仙台に向かうための新幹線の発車時刻に遅れそうになったBさんは、タクシーを使って東京駅に駆けつけた。降車して駅構内へ早足で向かっている際に足がもつれて前のめりに転倒し、その際にかばおうとして出した右腕を床で打撲して骨折した。その結果、Bさんは仙台に赴任することはできずに1カ月近く休業することになった。…

筆者:一般社団法人SRアップ21 高知会
土佐労務管理事務所 副所長 岩山 克
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ