【裁判例が語る安全衛生最新事情】第314回 サニックス事件 新人研修の歩行訓練で安全配慮義務違反 広島地裁福山支部平成30年2月22日判決

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 被告Y社は、ソーラー機器、空調機器の製造販売輸入を業とする会社である。

 原告X(当時48歳)は、平成25年8月16日ころにY社に中途入社し、翌年7月31日にY社を退職した。Xは平成25年8月18日から同月30日まで宿泊施設での新人研修を受けた。その内容は、営業内容・方法についての授業、試験、課題の提出、歩行訓練であった。そのうち歩行訓練は、宿泊施設の同部屋10人の社員が1つの班となって、一定速度で一定の距離を歩く練習を繰り返したうえで、8月27日には、24kmを制限時間5時間で完歩する訓練(サニックススピリッツ、以下「スピリッツ」という)が行われた。そして、この歩行訓練は同月21日、23日、25日の3日行われた。Xは身長171cm、体重101.3kgの肥満体であった。

 ところが、Xはその歩行訓練期間中に足首と膝の痛みを訴え、8月31日に、病院を受診し、右足関節挫傷、両側膝関節挫傷の診断を受けた。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ