【国土を脅かす地震と噴火】47 十勝岳噴火㊤ 泥流が温泉に襲いかかる/伊藤 和明

2019.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

産出増えたと喜んだら……
イラスト 吉川 泰生

 北海道のほぼ中央に位置する十勝岳は、道内の活火山のなかでも、噴火とともに大災害を引き起こす火山の1つである。

 とりわけ1926年(大正15年)の大噴火の際に発生した大規模泥流は、麓の村々に悲惨な災害をもたらした。死者144人というのは、大正以後の日本列島では、最大の犠牲者を出した火山災害である。

 この噴火に先立つ30年あまり、十勝岳は比較的静穏な時期が続いていた。火口周辺では鉱業所による硫黄の採取が始められており、生産量は年間1500~2000トンにも達したという。

 十勝岳の噴気活動が再び激しくなったのは、1923年ごろからである。この年の6月、中央火口丘の南側にある湯沼に、溶融した硫黄の沼が出現した。このころから、硫黄の生産量が増加した。

 1925年12月23日、中央火口丘の山頂火口が活動を始め、火口内に直径20×30メートル、深さ20メートルほどの火孔を生じた。この新しい火孔は「大噴(おおぶき)」と呼ばれた。1926年2月中旬になると、大量の砂礫を飛ばし始め、4月5日と6日には、周辺に火山灰を降らせた。4月中旬には、火口から火柱が噴き上がる様子がみられるようになった。5月に入ると、大噴からの噴煙量が増し、火柱はますます高く、大噴の隣に新しい火孔を生じた。

 5月13日と14日には、鳴動と噴煙が一層激しくなった。山麓ではしばしば地震を感じたため、人々は不安な一夜を過ごしたという。15日の午後から活動は間欠的となり、16日と17日には鳴動は衰えたが、噴煙が激しく上昇した。

 5月22日になると、十勝岳は鳴動を再開、西麓の上富良野村(現・上富良野町)でも、時折ドーンという音とともに家々がユラユラと揺れた。この日も火口近くの硫黄鉱山では作業が続けられていたが、大噴から噴石が飛んできたため、鉱夫は一時的に避難した。

 そして5月24日の朝を迎える。前夜来の雨が一層強くなるなか、元山事務所から4人の巡視が登山、大噴から噴石が盛んに飛んでいるのを目撃した。だが、そのほかには異常もなく、午前9時に帰着している。正午過ぎの12時11分、元山事務所では、突然の爆発音とともに、岩の崩れる遠雷のような響きが5、6秒聞こえた。

 このときの爆発では、小規模な泥流が発生して丸谷温泉を襲い、さらに畠山温泉(現在の白金温泉付近)の風呂場を破壊し、宿の前の橋を流失させた。午後2時ごろにも小規模の鳴動と噴火があり、泥水が美瑛川と富良野川を濁らせたという。

 そして、最初の爆発から4時間あまりを経た午後4時17分過ぎ、2回目の大爆発が発生したのである。大規模な水蒸気噴火であった。

 このとき、火口の西約3キロにあった吹上温泉では、遠雷のような響きとともに、障子などが振動して黒煙の噴き上がるのが目撃されている。

 この大爆発によって、中央火口丘の山体のほぼ半分が崩壊した。崩壊物は高温の岩なだれとなって、十勝岳の北西斜面を流下したのである。

筆者:NPO法人 防災情報機構 会長 元・NHK解説委員 伊藤 和明

〈記事一覧〉
【国土を脅かす地震と噴火】47 十勝岳噴火㊤ 泥流が温泉に襲いかかる/伊藤 和明
【国土を脅かす地震と噴火】48 十勝岳噴火㊦ 融雪泥流氾濫し荒れ狂う/伊藤 和明

この連載を見る:
平成31年2月11日第3196号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ