【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第1回 予見可能性と迅速化 最大の制度導入目的に(1)/鶴 光太郎

2019.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 働き方改革の一環である「解雇無効時の金銭救済」の制度化が遅れている。制度創設に対する賛否両論があるほか、法技術的にどのような処理システムとするか議論が分かれている。本紙では制度に関する一般的な理解と議論の活性化を目的として、今号から有識者による「リレー方式紙上討論」をスタートさせた。(編集部)…

筆者:慶應義塾大学大学院商学研究科 教授 鶴 光太郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月14日第3192号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ