【労働条件確保指針案(抜すい)】高プロ 健康管理時間の把握を 医師の面接指導必要に 研究開発など5業務対象

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、高度プロフェッショナル制度に関して、労働者の適正な労働条件の確保を図るための指針案を公表した。資産運用や研究開発など計5つの業務が対象となる。事業場内にいた時間と事業場外で労働した時間を合計した健康管理時間について、適切に医師の面接指導をするために、少なくとも1月当たりの時間数の合計を把握するよう求めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月7日第3191号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ