【ぶれい考】格差是正へ水準追求強化/内田 厚

2018.12.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「底上げ・底支え」「格差是正」と、全ての労働者の立場に立った働き方の実現を同時に推し進める19春季生活闘争がスタートする。

 人手不足が深刻さを増す中、人材の確保と育成は企業にとって急務となるが、そのなかにあっても、健康で安全な職場を確保することは極めて重要で、時間外労働の上限規制への対応など、来年4月からの法施行を見据えた対応も必要だ。

 連合は、…

筆者:連合 副事務局長 内田 厚

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年12月17日第3189号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ