【緊急連載 増加する外国人労働者―活用と安全上の課題は―】最終回 言語の壁越える教材が必要

2018.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大手ゼネコンへのヒアリング結果に引き続き、今回はハウスメーカーへのヒアリング結果を取り上げる。人手不足を背景に、外国人の雇用拡大は避けられない向きがあるなか、外国人技能実習生の活用を積極的に推し進める会社では、教育研修に労力を割き、安全に作業をさせる体制を敷いていた。ポンチ絵、イラスト、映像などを駆使し、言語の壁を越える教育方法や標識の開発が必要になっていくという。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月1日第2319号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ