【裁判例が語る安全衛生最新事情】第304回 さいたま市(環境局職員)控訴事件 パワハラへの対応怠り環境調整義務違反 東京高裁平成29年10月26日判決

2018.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 亡Aは、原告X1(父)とX2(母)の息子であり、平成14年7月1日に被告Y市に任用され、業務主事として小学校、中学校、高等学校に勤務していたが、平成14年10月には精神神経科を受診して、心因反応と診断され、さらには、拡張型統合失調症の疑いももたれた。その後、平成16年6月30日には、反復性心因性抑うつ精神病との診断を受けた。そして同年6月ころにはうつ病にり患したとして同年8月末まで、90日間休職した。平成22年6月ころ、亡Xは再度うつ病にり患し、同年6月3日から8月31日までの90日間休職した。平成23年1月には不調ではあったものの、服薬を変更したことにより、症状は改善傾向にあった。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月15日第2314号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ