【社労士が教える労災認定の境界線】第275回 出張中のホテルで食中毒になり入院

2018.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 宿泊を伴う出張で滞在しているホテルの食堂で、従業員が食事をとったところ、食中毒(急性胃腸炎)を発症して入院した。

判断

 労働基準監督署は、この食中毒は業務遂行性があるとし、業務上と判断した。

解説

 労働基準法上の災害補償ないし労災保険法の補償給付は、労働者に生じた負傷・疾病・障害・死亡(以下、傷病または災害という)が「業務上」(「業務遂行性」+「業務起因性」)が認められたときに給付される。その認定をめぐっては、多数の裁判例・裁決例が存在しており、行政解釈は多岐にわたり複雑なものとなっている。

 出張については、…

執筆:一般社団法人SRアップ21 大阪会 ビジネス・パートナー・オフィス・KUWANO
所長 桑野 里美
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月15日第2314号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ