【ぶれい考】公正取引と地域の活性化/内田 厚

2018.06.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今この時も、有利な解決をめざして精力的に交渉している組合が多い18春季生活闘争だが、要求趣旨に沿った解決が図られることを切に期待したい。

 一方、すでに解決した組合の賃上げ集計(5月10日時点)は対前年同期比プラス255円、0.1ポイント増となっており、月例賃金改善の回答を引き出した組合も547組合増えた。このことは、底上げ・底支え、格差是正に重点を置き、月例賃金にこだわった結果と認識しており、賃上げの流れは力強く維持されている。

 とりわけ中小組合の成果は顕著で、…

筆者:連合 副事務局長 内田 厚

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年6月18日第3165号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ