【特別寄稿】不安全行動の防止 意図的なエラーを防ぐ 感情に着目した教育を/山口 忠重

2016.09.21 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 リスクアセスメントにより設備の改善が進み、残された課題はヒューマンエラーとなった。エラーに至るまでには過程があるが、「意図しないエラー」「意図的なエラー」に注目。日本労働安全衛生コンサルタント会東京支部の山口忠重支部長に原因と対策を解説していただいた。とくに意図的なエラーについては、理性に訴える知識偏重教育には限界があるとし、悲惨な事故写真の公開や危険体感教育など感情に着目した教育の充実を求めている。…

執筆:一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会 東京支部
CSP労働安全コンサルタント 支部長 山口 忠重

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年9月15日第2266号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ