【事故防止 人の問題を考える】第39回 採石現場の労働災害とヒューマンエラー(前編)―最重点課題はベルトコンベア―

2018.04.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

点検・清掃中に巻き込まれてしまう

 今回は採石現場がテーマです。採石現場とは、砕石、砂利などの岩石が採掘できる山において、発破で切羽を崩し、崩した岩石をバックホウですくい集め、ダンプトラックに積み込み、プラントに運び、そこで破砕、選別、それらをベルトコンベアで運び、砕石などの製品として出荷します。

 このような採石現場で機械関連の死亡災害が多発しています。日本砕石協会「労働災害動向統計」によると、平成16~26年度に死亡災害が61件発生しています(表1)。10の機械関連の死亡災害が61件中43件、実に70%も占めています。

 最も多いのが、ベルトコンベアへの点検・清掃中の巻き込まれです。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年5月1日第2305号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ