【イラストで学ぶリスクアセスメント】第146回 酸素ボンベの転倒による災害

2017.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大・中規模の事業場では新年度に入り、新入社員は本社の全体研修を終え、事業場に配属され、事業場全体の業務内容を知って頂くため、各職場の見学をしていることと思います。今回は「工作室でアセチレンガス溶断〔*1〕」の見学・研修をしているときに発生した、「酸素ボンベが転倒し足背(足甲)に激突」をテーマにします。

【当工作室のアセチレン・酸素ボンベ(以下、「容器」)の管理状態】

 アセチレンと酸素の充填容器〔*2〕は、屋外の屋根付き容器置場に、区分してチェーン掛け。狭い工作室の中での作業用では両充填容器を1本ずつ持ち込み、壁面に立て掛けてチェーン掛け〔*3〕を行い、定盤上の加工物をガス溶断していた。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第2282号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ