【イラストで学ぶリスクアセスメント】第120回 伝導装置の巻き込まれ災害

2016.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2011年4月1日〔東日本大震災直後〕からスタートした、この連載も読者の声に支えられて、はや6年目を迎えました。今年は、中締めとして夏ごろを目処に「製造業(保全作業含む)などを主とした図書」として、出版の準備を同時に進めています。

〔製造業の災害〕
 製造業の死傷災害は毎年「はさまれ・巻き込まれ災害」がワーストワン〔平成26年:7668人(28%)〕で、主な起因物では機械です。「英国規格BS5304」での機械的危険源の分類では、8つの危険源〔*1〕に分けられています。

 今回は、下記〔*1〕⑤の危険源のうち、「歯車〔*2〕の伝導装置」をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ