【イラストで学ぶリスクアセスメント】第105回 屋外の大型受水槽での災害

2015.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、工場の屋外にある大型のFRP製受水槽での墜落災害がテーマです。

〔受水槽と高架水槽の違い〕
 戸建て住宅では、上水道〔生活用水を供給〕の配水管から直接方式で飲料水を利用していますが、ビルなどでは水圧を確保できないので、受水槽方式を利用しています。飲料水を一時的に貯留するために、建物の地下や屋外に設置している水槽を「受水槽」といい、屋上に設置している水槽を「高架水槽」といいます。高架水槽は停電になっても自然流下で飲料水の供給が可能ですが、屋外の受水槽は電源喪失になると飲料水の供給が不可能なので、非常用発電機が必要です。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月15日第2240号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ