【イラストで学ぶリスクアセスメント】第82回 フライス盤の災害防止

2014.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 フライス盤は、加工物を複数の切れ刃を持った回転するフライスで、平面削り、みぞ削りなどの加工を行う工作機械で、主軸部に刃物(フライスカッター)を取り付けて、固定した加工物を直線的に前後・左右・上下に送り動作をさせて加工します。フライス盤を主軸の向きによって分けると、立て形・横形・可変形がありますが、今回は主軸が垂直になっている立てフライス盤をテーマにします。

危険回避できず切粉が顔に

 加工物は、フライス工と補助作業者の2人でテルハを使ってフライス盤に設置し、締め付けの微調整はフライス工が1人でブレのないようにチャックハンドルで締めました。回転させて加工物のブレ具合を顔を近づけて加工をしているとき、切粉と切削油が飛散しました(イラストA)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月15日第2216号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ