【産業カウンセリングの現場から】第82回 遺された人へポストベンション

2014.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

担当保健師と意思統一

 ポストベンションとは、自殺により遺された人々の心のケアを行うことです。自殺という衝撃的な出来事により、周囲の人々はさまざまな反応に襲われることがあります。一般的にそのような状況は時間が解決してくれるというイメージが強いようですが、PTSDや最悪の事態として後追い自殺が発生することもあります。そのため遺された人々へのケアが重要視されています。

 今回の事例は、私が産業医としてまだ3回しか出務の機会がなく、十分な信頼関係が築けていない時期に発生しました。事業所では産業保健への取組みは業務の二の次になっており、こちらからのアプローチも不十分な状況でした。…

執筆:産業医科大学 産業生態科学研究所 精神保健学研究室 修練医 柳田 梢江

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月15日第2220号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ