【イラストで学ぶリスクアセスメント】第77回 卓上ボール盤の落下防止

2014.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ボール盤とは、工作物をテーブル上に載せてドリル(キリ)に回転と送りを与えて工作物に穴をあける機械です。キリもみのほか座ぐり、リーマ通し、ネズ立て、もみ下げ、さらもみ、中ぐりなどに利用できます。

 種類は卓上ボール盤、直立ボール盤、ラジアルボール盤、多軸ボール盤、多頭ボール盤などがあり、全産業の工作室・研究所などで一般的な作業に使用しているのは卓上ボール盤です。当連載の第24回に「卓上ボール盤の災害防止」をテーマにしましたが、前回誌面の都合で説明できなかったリスクをテーマにします。

<卓上ボール盤の仕様>
 卓上ボール盤は作業台の上に据えて使用する小型のボール盤で、直立ボール盤とほぼ同じ構造ですが、主軸の機動送りができません。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月1日第2211号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ