【今週の注目資料】平成29年度大学等卒業予定者の就職内定状況(12月1日現在)(厚生労働省・文部科学省)

2018.02.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大卒内定率は過去最高に

 厚生労働省と文部科学省は、平成29年12月1日時点における、30年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を取りまとめた。

 大学生の就職内定率は86.0%だった。前年同月と比較し、1.0ポイント高い。9年3月卒の調査開始以降、同時期での過去最高となった。また、23年3月卒の68.8%以降、毎年上昇を続けている。

 国公立は86.9%、私立は85.7%である。対前年同月比は、国公立が増減なし、私立が1.3ポイント増となった。

 男女別にみると、男性は85.2%で2.1ポイント上昇した。国公立は86.9%で1.2ポイント減、私立は84.7%で3.1ポイント増である。女性は87.0%で、前年同月比は0.2ポイント減。国公立、私立ともに87.0%で、それぞれ1.4ポイント増、0.7ポイント減だった。男性が全体、私立において前年より上昇したのに対し、女性は国公立において増加がみられ、対照的だった。

 大学の地域別では、関東の88.2%が最も高い。以下、近畿87.5%、中部87.1%、北海道・東北84.6%、九州80.1%、中国・四国78.7%と続いた。対前年同月比は、中部の4.5ポイント増が一番大きい。

平成29年度大学等卒業予定者の就職内定状況(12月1日現在)

この連載を見る:
平成30年2月12日第3148号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ