【イラストで学ぶリスクアセスメント】第50回 手押し台車の災害防止

2013.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 運搬とは、ある場所から他の場所へ荷物などを運び移す、運び届けることで、人力による運搬、動力による運搬、自動搬送システムなど運搬・搬送する物の質量、運搬経路、運搬距離などによって区分されます。機器を使用しない人力運搬は、軽量の物で、かつ運搬距離が短い事務所内などに限定しましょう。

 今回は、身近で使用する人力運搬機器の手押し台車=ハンドトラックをテーマにします。

 動力を用いない手押し台車は、荷物の質量が10kg以下の軽量の物でも、運搬距離が長く大容量・多量で運搬機器が使用できない場所、都市部での運送業の小口配達など複数の事業場で手押し台車を使用しています。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月15日第2184号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ