【本当に役立つ!こころの耳】第50回 事例紹介46 建設現場の過重な業務でメンタル不調

2017.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

現場作業員からクレームを受け神経がすり減ることも

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「過重な業務と長時間労働が重なりメンタルヘルス不調になった建設会社員(事例3-4)」です。建設現場の特性としては、「①建設現場は有期であること(工期がある)」「②構成員(作業員)が流動すること」「③複数の事業者が混在すること(重層請負構造)」の3つが挙げられます。このような問題に対し、建設業労働災害防止協会では、職場環境改善マニュアルを作成しました(「建設業におけるメンタルヘルス対策のあり方に関する検討委員会報告書」2016年3月、および「安全スタッフ」No.2280 2017.4.15号参照)。多くの建設現場に定着している「安全施工サイクル」の中の安全朝礼の場で、「①無記名ストレスチェック」を行い、…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年5月15日第2282号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ