【トップ&キーマンいんたびゅう】”基本からの逸脱”さえなければ…

2015.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中部電力グループの総合設備企業㈱トーエネック。同社東京本部において安全衛生管理を司るお二人に、危険回避、事故災害防止の方策について伺った。”基本からの逸脱”をいかに抑えるか――これが諸施策推進の主眼となっているようだ。

左:㈱トーエネック 東京本部 総務部長兼安全環境グループ長 岡下 重雄 さん
右:㈱トーエネック 東京本部 総務部安全環境グループ 専任課長処遇 芹澤 幸稔 さん

――まず、事業に伴う災害防止についてのお考えからお聞かせ下さい。

岡下 東京本部には配電部門がありませんので、内線・空調・情報通信などの設備工事がメーンになっています。安全衛生計画の第一に掲げている労働災害防止に関しては、感電、墜落・転落、重機災害などの撲滅、交通災害防止への取組み強化が主要な重点施策です。残念ながら昨年度は…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ