【建設業の労働災害事例】第197回 コンクリートポンプ車洗浄中、車体の間に挟まれる

2014.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.当事業場では、コンクリートポンプ車により建設工事等で生コンクリートの圧送を行っている。当日は工事現場での生コン圧送作業を終え、事務所に戻り事務所横の洗車場で、同ポンプ車の車体洗浄作業中に発生した。

2.作業は、同僚と2人で行うことになり午後7時50分頃から開始した。被災者は、ポンプ車の後部両側のアウトリガを開きポンプ車に備え付けられた洗浄器を使用して水をかけながらポンプ車後部の洗浄を行い、同僚は、同僚のポンプ車に備え付けてある洗浄器を使用して、被災者のポンプ車のキャビンの洗浄を行っていた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年3月1日第2205号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ