【産業カウンセリングの現場から】第135回 オーダーメードの両立支援へ

2017.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

高齢社会を認識するなかで…

 振り返ると、1990年代初頭のバブル経済の崩壊とともに少子高齢化が社会問題としてクローズアップされ、「高齢化社会」という言葉を当時のメディアでも頻繁に聞くようになったように記憶している。

 2017年になり、自分も相応に年齢を重ね、年金問題、高齢者に関するニュースが多くなった気はするもののあまり実感はなかった。ところが平成28年版の高齢社会白書で日本の現在の総人口と人口推計、65歳以上人口割合を見たところ「あれ?これ現実なんだ」とあらためて認識することとなる。…

執筆:伊藤忠テクノソリューションズ㈱ 統括産業医 松井 春彦

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ