【自社ブランドのメンタルヘルスケア】第4回 若年労働者とのかかわり/赤塚 由見子

2013.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現在の職場の年長者(管理監督者、ベテラン層)が若者に対してどのような憂いをもっているかお話しましょう。私がコンサルタントとカウンセリングを務める多くの企業で聞かれるのは、「最近の若者は元気がない」「夢がない」「冷めている」「想像力がない」「大人しい」「いい子ばかりだが今一つ物足りない」などです。ここでいう「若者」とは今現在勤労している者で18歳から27歳くらいまでの年齢層を指します。

 さて、18歳から27歳の若者の幼少期、日本はどんな時代だったでしょうか?…

執筆:セントラルEAPコンサルティング 代表取締役 中央産業保健協会 理事 赤塚 由見子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月15日第2180号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ