【産業カウンセリングの現場から】第116回 職業のミスマッチ解消へ

2016.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「金の卵プロジェクト」を開始

 高校生の進路に携わる者として、卒業後の離職率はとても気になります。就職指導では、職場見学の調整から面接指導まで、生徒一人ひとりに多くの時間をかけ、やっと内定にたどり着きます。ところが、夢が叶ったと喜んでいた生徒が、就職後1年もしないうちに辞めてしまう。担当者として、これは大きなショックです。期待をして採用していただいた企業の方々にも、同じようにショックな出来事だと思います。

 経済同友会の調査*1によると、新卒採用で特に重視するものの1位は「熱意・情熱」となっています。また別の調査*2では、新規高卒就職者の離職理由の1位は、「仕事が向いていない」(71.4%)だそうです。…

執筆:川崎市立川崎高等学校(定時制) キャリアガイダンス部 松本 智春

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ