【本当に役立つ!こころの耳】第32回 事例紹介28 32歳男性がインターネット依存症

2016.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

会社に寝泊まりしてまでネットにのめり込み

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「インターネット依存から睡眠障害、職場での問題行動を起こし、休職となった事例(事例1-3)」です。

 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターには、ネット依存治療部門があります。キンバリー・ヤングによると、ネット依存は、「インターネットに過度に没入してしまうあまり、コンピューターや携帯が使用できないと何らかの情緒的苛立ちを感じること、また実生活における人間関係を煩わしく感じたり、通常の対人関係や日常生活の心身状態に弊害が生じているにも関わらず、インターネットに精神的に嗜癖してしまう状態」と定義しています。

 ネット依存には、アダルトビデオ嗜癖、チャット嗜癖、コンピューターゲーム嗜癖や…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年8月15日第2264号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ