【ぶれい考】賃上げと働き方の見直しを/内田 厚

2017.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 賃金引上げと働き方の見直しの双方に取り組む18春闘がスタートする。「賃上げ」は、可処分所得を増やし、個人消費が増えることによる企業活動の活性化につながるもので、とりわけ経済の自律的成長(正のスパイラル)に資するものでもある。国内景気は、緩やかながらも回復基調が続いており、マクロの視点からの公正分配という意義も問われていよう。

 賃上げの流れを社会の隅々まで広げていくためには、…

筆者:連合 副事務局長 内田 厚

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年12月18日第3141号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ