【産業カウンセリングの現場から】第92回 「ピットイン」という新たな提案

2015.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

カウンセリングは「暗い」

 2001年夏、あるビジネス誌でEAPの存在を知り、私の人生は大きく変わった。以前からキャリアカウンセリングに興味を持っていたが、BtoCではビジネスになりにくい、何か他の方法はないか? と考えていたところだった。印象に残っているのは2つある。1つ目は、EAPはBtoBサービスで、外部委託したほうが社員は相談しやすく、かつコストが抑えられるという明確なメリットがあり、日本でも普及していく見通しであること。2つ目は、カウンセリングを「うつ病対策」ではなく「対人コミュニケーション手法や問題対処能力を身に付けてもらうためのもの」と位置付け展開している某大手企業の取組みであった。

 とくに後者では敢えてカウンセリングという言葉を使わずに…

執筆:㈱フジEAPセンター 代表取締役 坂部 善久

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ