【想いはせれば】第1回 羊が生き残るための習性

2015.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年、平成27年は干支で羊(未=ひつじ)の年です。羊は、日本ではなじみがうすく、ヤギ(山羊)が代役を務めているようですが、西洋や中国などでは家畜として飼われ、人の生活にはなくてはならぬ動物でした。羊は野性時代、身を外敵から守るために、険しい岩場に住み、絶壁に近い岩岩を軽々と走り回っていたようです。羊には特別な武器はなく、群れから離れたらたちまち野犬などに襲われてしまうか、餓え死にしてしまいます。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ