【裁判例が語る安全衛生最新事情】第173回 康正産業事件 支店長過労死に最高額の賠償金 鹿児島地裁平成22年2月16日判決

2013.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 被告Y社は、飲食店経営を目的とする会社である。原告X1は平成13年6月からY社に勤務し、平成15年9月から札元支店の支店長をしていたが、平成16年11月10日に自宅就寝中に心室細動を発症して定酸素脳症になり、その後も寝たきりで意識不明の状態であり、成年後見が開始されている。原告X1の両親が原告X2と原告X3である。原告X1の勤務は長時間労働であり、休日もなく、疲労困憊した結果発症したとして、X1~X3が、Y社を相手に損害賠償請求訴訟を提起した。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月15日第2182号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ