【社労士が教える労災認定の境界線】第173回 業務災害と認められ治りかけていたが、同じ所を再度骨折

2014.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 清掃業を営むS社は、ゴミ収集車により市内を巡回し家庭ゴミの収集を行っている。

 S社では日頃より安全教育に力を入れており、収集作業中の車両への飛び乗り、飛び降りについて禁止事項として殊に戒めているところであったが、収集作業員であるBは巡回中、収集作業のため助手席から飛び降りた際バランスを崩し着地に失敗したため、足を捻り左腓(ひ)骨を骨折した。この負傷は業務上のものだとして、労災保険の支給を受けていた。  

 だが、ようやくそのケガも治ろうかという段になって通院の際に病院の階段を踏み外し、また同じ箇所を再度骨折してしまった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 福岡会 堺経営労務管理事務所 所長 堺 哲哉

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月1日第2211号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ