【ちょっと一息】第37回 わが家の骨董品/中込 平一郎

2014.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 梅雨時、なにごともする気にならずぼんやりと雨に濡れる庭の木々を窓越しに眺めています。思索とは縁遠い時間。思いようによれば、これも梅雨時の楽しみかもしれません。そんな時ふと、わが家には人様にお見せするような品がありはしないかと考えていました。

 果たしてわが家に骨董品といえるものがあるだろうかと思ったのですが、もしかしたらの品物がありました。昭和20年3月10日の東京大空襲で焼きだされた時、父親が唯一運びだしたもの。これはひょっとすると骨董品なのではないかと頭に浮かんだものがあります。…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年7月1日第2213号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ