【産業カウンセリングの現場から】第149回 ダイバーシティがもたらす効果

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

職場環境のあり方に関心が

静岡大学 人文社会科学部 教授 荻野 達史 氏

 1960年前後には、日本企業において「精神衛生」活動が、一部大企業には限られますが、始められていました。そのころから実際には70年代を通じて、主に想定されていた問題とは、統合失調症など、比較的重い疾患を患われた方への対応であったようです。80年代後半になると、軽度のうつ病も注目されましたが、とくに「ストレス」という言葉が日本社会でも流布してくるなかで、疾患・障害者対策というよりは、そうならないための「ストレス・コーピング」などセルフケアに照準した、政策的な運動(トータルヘルス・プロモーション・プラン)が目立った動きになります。…

執筆:静岡大学 人文社会科学部 教授 荻野 達史

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ