【転機迎える賃上げ管理】第39回 自社に合うデータを/河合 克彦

2015.10.26 【労働新聞】

 一般的に公表される昇給データで代表的なところには、表1に示すものがある。

 これは連合、経団連、厚労省が発表している2014年度の賃上げ状況調査結果だが、集計機関によって母集団の企業規模や集計対象となる労働者、集計方法が違うため、賃上げ率、賃上げ額はかなり異なる値を取る。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年10月26日第3038号5面

あわせて読みたい

ページトップ