【人事学望見】第1015回 休日振替で忘れがちなことは 週40時間を超える労働の発生が

2015.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不払い残業代はお灸が待つ!

 事後的に休日を与える「代休」は、就業規則上の休日が労働日に変更されないので、休日に労働させることになる。従ってその休日が法定休日である場合、労働基準法上の休日労働となり、36協定の締結・届出と休日割増賃金の支払いが必要となる。

根拠規定の存在が不可欠

 「これに対し、休日の振替は、他の労働日と交換して、休日を労働日に、他の労働日を休日とする措置だから、休日割増賃金の支払いは要しない」

 社内労働法セミナーで、休日振替と代休の違いについて、質問された講師の山本人事課長はこう答えた。すでにおなじみのテーマで、再三繰り返されたものだが講義の終わりに「他に何か質問は」と尋ねると必ず出てくる。

 初めてセミナーに参加し、質問した中村は今年4月の定期人事異動で、生産管理課から労務課に配置転換したことをきっかけに、労働法規の自己研修に取りかかっていた。

 「ということは、会社としては代休ではなく休日振替を選択したほうが、経費削減になるわけですね」…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年7月27日第3026号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ