【人事学望見】第905回 減給は自宅待機より厳しい 既往の労働後で賃金請求権発生

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

切り過ぎはご法度!

 労働基準法第91条は「就業規則で、労働者に対して、減給の制裁を定める場合には、1回の額が1日の平均賃金の半額を超え、総額が1賃金支払い期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない」と定めている。賃金の額に関する規定は、最低賃金法を除けばこれだけだ。

全額払いの原則にも抵触

 「俺の田舎では、駐在所のおまわりさんと小学校の校長先生は、催しがあると必ず『来賓』として招かれ、村民も敬意を表していたものだが、今どきの警官や教師は不逞の輩が多過ぎる」

 昼食後、社内食堂に備え付けられている新聞の社会面をみながら、憤っているのは、定年後継続雇用で働いている中山三郎だった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月1日第2915号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ