【中小企業必読!!メンタルヘルス対策 広がり始めた「新型うつ」】第6回 昼間のコミュニケーション/廣川 進

2014.08.11 【労働新聞】

上司は雰囲気作りを 気軽に会話できる職場に

催し復活なら工夫を

 この文章をお読みの方は、中小企業の経営者、幹部、管理監督者の方々が多いと思われる。そこで改めて質問。

 「御社の社員でメンタルヘルスの不調で1カ月以上会社を休んでいる人は今何人くらいいますか」。…

筆者:大正大学人間学部 臨床心理学科 教授 廣川 進

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年8月11日第2980号11面

あわせて読みたい

ページトップ