【中小企業必読!!メンタルヘルス対策 広がり始めた「新型うつ」】第1回 多様化するうつ/廣川 進

2014.07.07 【労働新聞】

従来型か否か考慮を 診断書鵜呑みにしない

風通しの良さがカギ

 富山県で裸一貫25歳で起業し、25年間経常利益2割以上を続ける高収益会社「コーセル」を築いた飴久晴という方がいる。昨年の日本産業カウンセリング学会のシンポジストとして登壇し、「成功のカギはヒューマン・スキル(対人関係技術)に力を入れた人材育成にある」と発言された。そのためにトップが多くの若い社員と直に面談をして、こんな質問を投げかけるのだという。…

筆者:大正大学 人間学部臨床心理学科 教授 廣川 進

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年7月7日第2975号11面

あわせて読みたい

ページトップ