【ぶれい考】風化するWLB憲章/野田 進

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日、厚労省の「平成24年度雇用均等基本調査」が発表されたが、育児休業の取得率につき、男性の取得率が、平成23年の2.63%から1.89%に低下したのには、少々驚かされた。男性の取得率は、低水準ではあったものの、最近では毎年ほぼ順調に進展しており、今後も伸びが期待されていた。比率だと3割近くもの急降下だから、インパクトは大きい。いったい何が起きたのだろうか。…

筆者:九州大学大学院法学研究院 教授 野田 進

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年8月5日第2931号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ