【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第2回 変形労働時間 割賃計算の誤解めだつ パートのシフト管理で/佐藤 広一

2014.01.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働日・労働時間を特定

 仕事柄、クリニックの新規開業支援の一環として、職員の労務管理に採用の段階から関与することが多い。クリニックの場合、パートタイマーの雇用は避けて通れないが、ここでよく問題となるのが、各人の所定労働時間をどのように設定し、シフト(勤務割)をどのように組むかだ。…

筆者:さとう社会保険労務士事務所 代表 特定社会保険労務士 佐藤 広一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月20日第2953号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ