【ぶれい考】ある女性記者の悩み/水町 勇一郎

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ある女性新聞記者による本「『育休世代』のジレンマ――女性活用はなぜ失敗するのか?」(光文社新書)が出た。この本の著者中野円佳さん(1984年生まれ)は、大学卒業後、新聞記者として朝も夜もなく働き、結婚2年目で「産むタイミングを計ってたら産めなくなる」との先輩のアドバイスに後押しされて、第一子を妊娠。しかし、いざ妊娠してみると、様ざまな制約や葛藤が発生。数ある論文や本を読み漁ったが、悩みに応えてくれるものはみつからなかった。…

筆者:東京大学社会科学研究所 教授 水町 勇一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年10月6日第2987号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ