【社労士が教える労災認定の境界線】第247回 休日に会社の地元の夏祭りに参加し熱中症

2017.07.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 不動産会社の従業員A(36歳)は、土曜日に会社の所在地にある商店会が主催する夏祭りに、地権者との親睦を深めて今後の交渉を円滑に進める目的で参加した。当日は猛暑日となり、Aはめまい、倦怠感などの症状が出て、その場で倒れ込み、近くの病院へ救急搬送され、熱中症と診断された。祭りは準備を含めて土曜日の早朝から行われており、Aは、前日の遅くまで仕事をこなし、当日もなかなか休憩が取れず、普段の疲れなどから熱中症となった模様。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士 小泉事務所 所長 小泉 正典

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月15日 第2286号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ