【社労士が教える労災認定の境界線】第157回 工務店社長がトタン張りの最中、屋根から落下し重傷負う

2013.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 有限会社T工務店は従業員2人の典型的な小規模工務店である。代表取締役のYは、以前大工の棟梁であったが従業員2人を労働者として雇用し会社組織にした。Yは、日常的に建築現場に出て従業員とともに仕事をしており、労災保険に特別加入している。平成21年9月12日、台風に備えるため屋根の補修を依頼され、屋根にトタンを張っていたところ、足を滑らせ屋根から地面に落下し肋骨骨折、左手複雑骨折の重傷を負ったもの。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 鹿児島会 前田社会保険労務士事務所 所長 前田 幸俊

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月1日第2191号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ