【社労士が教える労災認定の境界線】第190回 早朝に除雪作業していた社長が転倒し、頭を強打

2015.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 K社は建設業を営む社員20人の会社。トラックやパワーショベルを整備していることから、冬期の雪が多い時期には除排雪の業務も請け負っていた。K社長はその日、会社隣にある自宅の目の前のアパートの除雪を頼まれ、早朝1人で作業をしていた。除雪を終え、ショベルから降りた際に足を滑らせ転倒し、道路脇に積んであった床材の角に頭を強打、5センチほどの切り傷から出血するけがを負った。様子見していたが、1時間後に気分が悪くなり嘔吐したため、救急車で搬送された。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 北海道会 オフィス小笠原 加藤 晴子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月1日第2229号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ